町内C級ライダーです。 6/25

ほー

 仕事中、間違いを見つけたので先輩に指摘した。そしたら後輩が庇ってきた。後輩は自分が間違えたと言う。製品を見れば誰がやったかなど明らかなのだが、その場は謝り、後輩に直させた。先輩と後輩は何か話し合っている。先輩が後輩に謝っているのだろう。
 後輩と二人きりになったとき何で庇ったのか聞いてみたが、あやふやな答えしか返ってこなかった。なので追求するのはやめた。
 後輩が庇ったときに違うだろと言わなかったのは、本来は間違えた本人に自覚させるためにも駄目なのだろう。しかし、後輩は昔よく先輩と同じ間違いをしていたし、先輩は応援で来てくれていて慣れない業務をしている。後輩なりに何か思うことがあったのかもしれない。先輩も自分の間違いには気付いている。
 彼らが何を思ったかは分からないけど、なんとなく知らん振りしとこうと思った。