読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町内C級ライダーです。 6/25

もてぎ25回目 新しいパーツを取り付けてどうなるかを楽しむっていう本来あるべきバイクの楽しみ方っぽいような気もする

ウザいタイトルw

珍しくバイクに投資しました。ブレーキディスクもパッドも焼けちゃってるし何だか引き摺りもひどいんで。



僕的にちょっとびっくりする値段のディスクローターを買いました(金払ってないというかまだ払えないというかw)。パッドもベスラの売ってない奴?買いました???
あとはキャリパーとマスターのOHです。

違いの分からない男のインプレ

いいです!以上!
まあちょっとエア噛んでたし、あたりを出すのが今日はメインだけど。まあいいですよ!バックストレートで止まれます。文字通り停止、速度ゼロまで落とせるすごい感じです。
インプレ終わりです。

あっタイムは2分4秒台が出て、まぐれではないかなって思えるようになりました。

そんなことよりですよ!

  • まず今日寝坊しました。3本走れるわけですが1本目は遅れたのでパスです。元々走る予定だったわけではないけど。
  • 次に、その走行枠で同じチームの人が転倒。走れなくなってしまったのでお帰りに。
  • 滅茶苦茶テンションが下がってしまって走る気が起きません。
  • いよいよ自分の番、3周目にコンタクトが外れてしまったので急遽ピットイン。20分以上残ってるが時間を考えるとすぐに帰るべき。ちなみに以前は予備を持ってきてたんですけど、一度も必要としなかったので持ってこなくなっていました。
  • 往復2時間掛けてコンタクト取りに行って無事間に合いました。
  • ドッタンバッタン大騒ぎ。

なんだかホントに疲れました。

おまけ


ディアブロスーパーコルサは予選決勝と走っても文字が残ってるぐらいライフがいいです。
レースのときは新品を入れるので、今年は4戦の予定だから4本で済むと思います。みんなが言うほど減らないですよ。

もてローのスープロ

入賞したので記念に写真を買いました!



↓こちらにも追加しました。
34azuki.hatenablog.com

もてローのスープロについて

現在僕はもてぎロードレース選手権のスーパープロダクションクラスに参戦しています。
始めたばかりの僕が思うにこのクラスは、敷居は低く感じるし、マシンにもさほどお金をかけずに済み、好きなタイヤで出れるし、何より自分の持ってるバイクで出場できる間口の広いレースではないかと思います。

  • レースに参加するというだけでも敷居は高く感じますし、ましてや選手権なんて名前がついてるので僕なんかはかなりビビってたのですが、このクラスは公認レースではないので草レースです。ポイントを集め国際に昇格を目指す上昇志向の強いライダーはあまりいないかと思います。趣味の割合が高いと思われます。参戦していく中で速くなり上を見るようになれば違うクラスに移ればいいし、優勝したり基準タイム超えたら卒業ですがエターナルクラスというものがありそれに移行すれば継続参戦可能です。
  • 車両規定は250以上の4ストロークの市販車なら出れます。まあ600か1000のSSになってしまうと思いますが(速いし楽)。600と1000はSP-6とSP-1にクラス分けされます。3気筒の675はSP-6、2気筒の1200はSP-1になります。改造範囲は極めて狭いです。僕のバイクもレースベース車ではなく街乗りバイクで、マフラーとバックステップだけのノーマル車です。シフターも無いです。お金はOHとかの消耗品ぐらいの出費に抑えられます。まあ僕には痛い出費ではあるんですけどw
  • スリックじゃなければタイヤは何でも大丈夫です。好きなタイヤで出れます。僕はワンメイクのタイヤのレースとか嫌いなのです(ピレリカップは好き)。ワンメイク車両でのレースもあまり魅力を感じません。
  • 今お持ちのバイクで出ようと思えば出れます!MotoGPが開催される国際コースでレースが出来ます。


このレースに出ようと決めてもてぎを走り始めたとき、僕のタイムは2分28秒でした。2分15秒ぐらいでレースに出れればいいやと思ってました。結局レース直前までに2分8秒まで出るようになりましたが。
今になって確信したし当時も思ってましたが、練習しているよりレースに出たほうが練習になりますしタイムも上がります。これは絶対ですね。練習10回以上の経験が出来ると思います。レースに出るようになってから仕事の都合で練習回数が少なくなってきましたが、いつのまにか2分3秒台が出るようになっていました。ただスポーツ走行していただけならこうはならなかったでしょう。

あと個人的に思うのは、このクラスは2分5秒から2分20秒くらいの人が楽しめるかなと。速くなってきたら1000ならJSB、600ならST600にみんな行ってしまうイメージがありますね。ステップアップにもいいと思います。

参加台数やトップのタイムなどはその年によって異なります。去年は人が少なく19000円で貸し切り走行会が出来てなんてお得なんだって思ってましたね(笑)。今年は少し多くなりましたがもっと増えてもいいぐらいですね。
参考までにツインリンクもてぎ|リザルト

そうはいってもレースは危険だと思いますので気軽にとは言いませんが参加しやすいと思います。何よりレースは楽しいです。レースに出たいと思ってる方は参考にしてくださいませ。デビューレースによいかと思います。

もてぎが近いならおすすめです。家から近いサーキットでのレースをおすすめしますね。関東の方にはおすすめ。ですが一番はあなたのお好きなサーキットへどうぞ。


ちょっとはっきりしたことは言えないし突っ込みどころはいっぱいあるので、思います思います…ってふわふわした感じになりました(笑)。
ただ、あのとき不安だった僕に対してこういう記事があればいいなってのを書きました。

トミン101回目 トミン育ちです

続けて101回目の走行。トミン生まれトミン育ちのライダーです。

今日はあんまり走る気なかったけど、貧乏人なのでもったいない精神で走りました。ご厚意でバイクを貸してもらい走っていいわけですから。いつもありがとうございます!

自分のバイクみたいだ(笑)。

僕のGWは10連休だったんです。ですが4/28と5・6と休日出勤したのです。まあ7日は休めたし、4/29のもてロー後は呆けてただけなのでまあいいや。

27秒6だったかな?ここから先には行ったことが無いんだけど、まあ他人のバイクだし自分のバイクでね。

フェンス越しの僕。

Aコースな方々、適当に撮ったのですが良ければどうぞ。
goo.gl

トミンミニバイクフェスタが楽しかった。

楽しかったです。Bコースで観戦してました。

微妙な写真ですがコンデジで撮った写真をどうぞ。
goo.gl



帰りが眠くてやばくて、部屋に着いたら寝落ちしたし体調不良になりました。

トミン100回目 まあ別に速くなってるわけではない

絶好調なもてローでしたがトミンではいつもどおりでした。やっぱりって感じ(笑)。
それはそうと100回目の走行だったらしい。まあそれ以上に来てるけど。

トミンにはたくさん来てたくさん走ってるけどなかなか成長しない。
ヘアピンとか回り込んだコーナーばかりで嫌いだし、苦手意識がかなりあるサーキット。
だけど思い入れのある大好きなサーキットです。


おまけ



ちょームカつかないですかwww

2017 もてぎロードレース選手権 第2戦 最高でした!

2017 もてぎロードレース選手権 第2戦 スーパープロダクションクラスに参戦しました。
総合16台中5位、クラス10台中4位となり入賞することが出来ました。最高な一日となりました。

予選は4周で終わらせる

もう4回目ですがレース当日はかなりブルーな気分。なんでこんなことやってるんだろうと後悔。全然慣れないし緊張して吐きそうです。

先週、ようやく去年の初レースのタイムを超え、3週連続でもてぎを走ることになるし調子も上向き。何かをつかんだ気がするので今日はもっとタイムが出る確信がありました。
ただし、欲張って力んだりしたら出ないことは分かってるし、予選は苦手だから何周したって意味がないと思ってたので、自己ベスト付近で走れたらピットに戻ろうと思ってました。スタミナ無いしタイヤ温存ですよ。

いい感じで走れたなと思ってラップタイムを見たら2分5秒に入っていたので、ベスト更新だしもう上出来だとピットイン。するとみんなに、どうしたの?もっと走れよ!って感じでダメ出しをたくさんいただきましたwアナウンサーもトラブルでしょうか?みたいなこと言ってたらしいww

覚醒?誰だよお前ってぐらいの絶好調!

さて決勝ですが、いつもどおりのダメダメなスタート。想定内のまずまずなスタートだけど、混み具合にビビッて12番手。予選は7番手です(泣)。
ですが今日は気合が違います。3コーナーでチームの#63を、ヘアピンでチームの#13を抜き、90°コーナーでチームの#4を抜く。同じチームの人が8人いますw9番手です。
動画で見ると俺ブレーキング上手いんじゃねって調子に乗りそうw

2周目のバックストレートで600を2台パス。大きくインに振ってたのでアウトに寄せながらブレーキング。その隙間に捻じ込まれてビビる。倒しこむ直前だったし軽く接触。結構余裕があったと思うけどやっぱりダウンヒルのブレーキングは600は鋭い。


何か当たったとは思ってたけど、相手の膝じゃなくて右腕か。危なかったな。そのつもりはないけど普通に幅寄せしてるし危険。猛省します。
やはり3週連続でバイクに乗ってるので体が動くし感覚が残ってるので調子がいい。前を行く車両は序盤だからかペースが上がってるようには見えなかったし、いい感じに常にニンジンがあるのでペースが上がっていきました。

前回のように抜きあぐねいてる内に前に離されるのだけは御免でした。1周目から躊躇せず抜いていくと決めていました。


前の#50を追いかけて詰めていき、その間で特にS字は自分の方が速いと感じたので、スピードを乗せてその先のV字の進入でパス。入れたはいいがちょっと止めきれずクロスで抜かれるか?と思ったけど大丈夫だったよう。5周目。

その後は結構前との差があったし後ろも近いはずなので必死で走りました。でもしばらくは自分のペースで走れたので走りやすかったです。その6周目7周目は自己ベストを大幅更新して3秒台で走ってました(笑)。そりゃ今まで格上だった人達を抜いたわけだから必死こいて逃げてたわけですよw

それにしても先週ようやく去年の初レースのタイムを抜いたわけなのに、予選4周走っただけで5秒台に入ったし、まさかの3秒台にも入ってしまって何が何だか分かりませんwミニバイクに乗ってるときにたまになるスイッチ入った状態でしたね。
ちなみに6周目か7周目の終わりメインストレートでチームのみんなが思いっきり手を振ってたので、なんかすげー騒いでるって見入っていたらレブってしまいましたwとりあえず前のチームメイトの#27を抜けってことだなということで、さらにスパートをかけました。

#27のMさんはかなり経験豊富なライダーで、走る度にタイムを上げていくし、もてぎ3回目の走行にしてもう僕より速いタイムで走っているので(まあ俺遅いからねw)、追いつくのは厳しいなと感じていました。ただ、なんだかんだ言って僕はかろうじてまだ若いので、僕の方がスタミナがあるはずだし慣れないコースは疲れると思うし終盤はタイムが落ちてくるだろうと。
徐々に距離を詰めることが出来、8周目のV字の進入で試みるも届かず。諦めずにその後のヘアピンに突っ込みパッシング成功。レース中に後ろを振り向くことはほぼない僕ですが、Mさんとは近いペースで走ってると感じていたので2コーナー立ち上がって振り向くと序盤に抜いた600の2台に絡まれていた。少し引き離すことが出来たが、600の2台は自分に追いつくかもしれないと思った。

しかしもう9周目、あと少しだと喉がカラカラだけど全開で走りました。ラストラップに2分3秒567とベスト更新してもてロー第2戦は終了しました。あと1周あれば追いつけたなと思えるぐらい調子が良かったですね。絶好調!

大幅にベスト更新!

Total Time Best Time Qualifying Time Date
2016 もてロー第4戦 21'38.998 2'06.839 2'09.837 2016.7.10
2016 もてロー第6戦 21'38.231 2'08.064 2'07.697 2016.9.25
2017 もてロー第1戦 21'49.274 2'07.715 2'10.785 2017.3.19
2017 もてロー第2戦 21'01.203 2'03.567 2'05.781 2017.4.29

次の目標は21分を切ることです。

最後に

もう最高としか言えません。みんなありがとう、お疲れ様、またよろしくです!

おまけ


レース直後に何かを一生懸命探してます。間抜けな写真を撮ってもらいありがとう。地味にこういう写真が嬉しいのですw

いつも遠くから手伝い&写真も撮ってもらいありがとうございます!