町内C級ライダー→にわかアングラー 7/17

恥ずかしいことを思い出した

 少し下品かもしれません。
 18歳になったとき、18歳以上じゃなきゃ出来ないことをしようと思った。ちなみに、20歳になったときも同じようにやった。
 で、18歳になったときAVをレンタルしてみた。18歳にならなくても観てたけど、レンタル屋さんの一角にある暖簾をくぐってみたかったので。
 くぐっただけで満足したけど、一応適当に借りてきた。
 その後もたまに借りてたけどなんか違うなと気付いた。ただ借りるだけじゃなくて、独身サラリーマンが深夜残業して疲れた感じで借りるイメージがあった。全く意味が分からないけど。これしなきゃダメだなと、はっと気付いたので残業終わってからすぐさま借りに行った。
 選んでからレジに向かった。レジの人は女性だったけど別に気にしなかった。でも気にしとけばよかった。
 レジの女性が言う。「すみません、これ前にも借りてますけど」
 僕の好きな感じのAVばかり借りるので同じやつを借りてしまったのだ。少し恥ずかしかったけど、同じやつを借りなくて良かったと思った。僕は一回観たAV、エロ本は二度と見ないので。
 そして家に帰ってから観ようとしたときに気付いた。店員さんのことだ。さっきのことがなければそんなに気付かないと思うけど、二回借りようとしたAVで気になり、他に借りたAVも見て、この人はこういうのが好きなんだなと思ったんじゃないかと。好きな女優のをよく借りるので。そして他のも似た容姿の女優なので。そんなのが女性店員に思われたんじゃないかと。そう思うとすごく恥ずかしくなってきた。結局、他に借りたやつは観ずに返しました。
 それ以来、僕はAVは観ないし、買わないし、借りないことになりました。


 言っとくけど、ロリコンでも熟女好きでもありません。SMとか変な性癖があるわけでもありません。ふつうのAVが好きです。でも好きなタイプは周りとは違います。顔とかじゃなくて体型です。ただ○○が好きです。だからとても恥ずかしかった。