町内C級ライダーです。 6/25

もてぎ28回目 自分がビビリなことを再確認

朝から霧雨、当然路面はウエット。
ビシャビシャなので1本目2本目は見送り、もうほとんど諦めてたけど最後の1本まで一応待つことにした。乾いても走る気無くなってたけどwここら辺が自分の甘いところ。
バイクは降ろしてない!

3本目が始まる1時間前ぐらいには雨は止んできて半乾き、賭けるしかないと慌てて走行準備を開始。

走りながら路面状況を確認、ライン上はほぼドライです。といってもよく見ると濡れてるよ!V字はハーフウエットでした。
グリップは問題ないと思ったけど自分の感覚を信用できないwオーバーランしたら転ぶし思いっきり走れなかったです。

ホームストレートはほぼ乾いてましたね。ただ表面だけ乾いてて、粗いアスファルトの粒の間は濡れてるけど大丈夫なのか?って心配で心配で。

そんな感じでとーってもビビリな僕は見た目からビビっちゃったのでそーっとしか走れなかったです。みんな普通に走ってたようだけど。ベスト付近で走れてる人もいたし。

今日のベストは2分7秒台。走りはダメだけどいい経験になりました。


一応ベストは2分3秒台ですが、毎回タイムが安定しません。練習では4秒しか出ないしタイヤが減ると5秒しか出ない。
書いてて思ったけど別に普通かも。いやレースベストと練習ベストは同じくらいじゃないとおかしいと思う。
この奇跡みたいな感じで走ってるのなんとかしたいw

まあお疲れ様でした。