読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町内C級ライダーです。 6/25

僕は僕だということだ

後輩が結婚すると言うので、ご祝儀を用意しなくてはと思ったが、そんな金は僕にはありませんでした。
非常に焦って、何故か部屋中を漁ったり、友達に金貸してもらおうと電話するも断られたりして、本当にどうしようと思ったところで目が覚めた。時刻は15時過ぎ。
夢で良かったと思うと同時に、夢でも現実世界と変わりないじゃないかと夢の無い夢だなと思いました。
そして時間が時間なので今日はもう何もする気にはなりませんでした。
とりあえず部屋に落ちてたルマンドを食べて(とりあえずの意味もよく分からないけど、ルマンドの賞味期限もよく分からない)、そのサクサクした食感にやられて咳き込み噴き出したのでした。