町内C級ライダーです。 6/25

僕「たこ焼き作ろうか!」K「よし、作ろう!」

 僕「まず材料は何だ?」
 K「知らない」
 僕「そうか」
 K「・・・」
 僕「・・・」
 K「・・・」
 僕「作るの面倒だな」
 K「うん。つーか別にそんなに好きでもない」
 僕「たしかに。あれば食うんだけどな」
 K「・・・」
 僕「・・・」
 K「買いに行くか」
 僕「いや買ってまで食いたくないよ」
 K「じゃあやめるか」
 僕「そうしようか」
 K「・・・」
 僕「・・・」
 K「・・・」
 僕は無言で、箱から取り出したたこ焼き器を丁寧に箱に戻した。


 
 昼過ぎに起きて、先週の梨塾で貰ったたこ焼き器を使おうとしたときの話。食欲がめんどくささに負けた瞬間である。
 そして今、やっぱり食べたくなっている。