町内C級ライダーです。 6/25

クリスマスキャロルの頃には

 もうコンビニで「クリスマスキャロルの頃には」が流れてたんだけど、まだ早いだろ。つーか思い出させるな。
 世のカップルたちはもうクリスマスのことを考えているのだろうか?考えてるか。でも、今年も一人で過ごすであろう僕には関係ない話。
 それはまあいいとして、この曲は結構好きだけど、クリスマスに流す曲でもないだろと思う。テンション下がるだろ。特に男。すれ違う二人に自分たちを重ねて、破局という選択をするカップルも出るんじゃないだろうか(この曲では、まだ答えが出てないクリスマス前の話だけども)。
 そんなこと考えてねーか。流れてるなぐらいにしか思わないか。それどころでは無いだろうし。僕としてはこの曲の二人が、クリスマスにどうなったか気になるところですが。

ちょいと追記

 この時期に流れてるのがベストか。読み直してて、何言ってんだオマエってなった。


 全く関係ないけど、チョイ前に気付いた自分的に嬉しかった話。
 僕はアジカンが好きなんだけど、「ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION」ってアルバムには見向きもしなかった。なんかアジカン主催のロック・フェスの収録曲で、名前は聞いたことあるけど知らないバンド達の曲と、アジカンの一曲しか無いから。でも気になってたので借りてみた。
 予想以上に良かったわ。アジカンしか聴いてないけど。まだシングル、アルバムに収録されてない曲とかあった。予想以上に気合入ってた。
 「夏蝉」、「十二進法の夕景」はオススメです。「NANO-MUGEN COMPILATION 2011」はまだ聴いてないけど買ってみようかな。

ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO MUGEN COMPILATION 2006

ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO MUGEN COMPILATION 2006