町内C級ライダーです。 6/25

注射が嫌いです

 ヒマなのでボランティアをしようと市役所に行ったら、もうやることはないみたい。今日もやることがありません。しかし、帰る途中で献血車を見つけたので献血をすることに。
 献血は三度目で高校のとき強制で二回やった。注射が嫌い、200mlでフラフラになるヘタレ。でもヒマなので少しでも社会に役立とうと400ml抜いてきた。血を抜く前に緊張してる僕を医者が察知し、ジュースをもらい「リラックスしてください」とか言われた。周りは女性しかいなく、女性たちはなんともなさそうな中、僕だけ具合悪そうにジュースを飲みながら献血をした。なかなか恥ずかしかった。血を抜いてすぐに気持ち悪くなってきて、久しぶりの献血で初めての400mlはダメかと思ったけどなんとかなった。終わってからもジュースをもらった。
 こんな感じに注射自体が苦手な僕が何故やったかというと、看板に『超ピンチ』って書いてあってすごく驚いたから。分かるけど何だよそれって思った、まあ面白いけど。ビックリして二度見して、こいつは一大事だ(笑)と軽い気持ちでいった。そして現在グロッキーです。
 「今日は水分をたくさん取ってくださいね」と言われたので多めに取ったら、おなかの弱い僕は下痢になりました。