町内C級ライダーです。 6/25

高校の野球部の同窓会っていうか新年会?

 別に仲良かったという記憶もないけど毎年忘年会をやってる。去年は予定が合わなかったから、新年会をやるということ。忘年会っていうのは分かるけど新年会って何だ?年明けたからって飲み会とか意味不明。
 しょっぱなから寝坊して遅刻。だけど友達が迎えに来てくれたので助かった。雪も降ってるしもともと行きたくなったんだけど、迎えが来てるのでそうもいかなかった。
 到着して一年ぶりに会う同級生を見て思ったのは、懐かしいとかじゃなくなんかイラッとした(笑)。一次会は意外な話で盛り上がった。知らなかったけど同級生で結婚する奴も増えてきたらしい。結婚するしかない奴もいるらしい(爆)。周りの奴らも彼女がいる奴が多くて、結婚をリアルに感じとてもビビッた。卒業してからは同級生とあまり関わりがないので、いろいろな情報が入ってよかった。
 で一次会もお開き。僕はお金が無いし早々に帰るつもりだった。だけど友達が僕の部屋に泊まるといってる。金も出してくれるという。おごってくれることにちょっと焦った(部屋に泊まるってのも焦ったけど)。嬉しいけど雪降ってるよ!寒いよ!!だけど久しぶりに集まったのに、一次会で帰ろうとする奴はいなかったみたい。僕ぐらいらしい。
 二次会はすごく久しぶり。いつも会社の飲み会には参加せず、参加しても一次会の途中で逃げてしまう僕は、同級生より二次会のほうが久しぶりな感じがした。二次会ではスナック?に行った。僕はこういうところは苦手。別に話すこともないし、薄い焼酎を飲まされるし、高い金を払うほど楽しくないし。でもカワイイ女の子がついてくれたのでよかった。26歳って言われたのはショックだったけど(泣)。
 いきなりだけど、こういうところで働く女の子にはすごく尊敬する。好きでやってるわけじゃないだろうし、仕事を掛け持ちしてる人も多い。すごいハングリー精神だ。僕はというと、金が無いといってる割にはひとつの会社でしか仕事をせず、暇なときはごろごろしてる。彼女らに比べるとあまりにも情けない。かといって空いてる時間にバイトを入れたりはしないし、オカマに体を売れるわけでもないので何もやらないと思うけど(オカマとかに体を売っている男性のほとんどが普通に女性が好きな人らしい。同性愛者は人を選ぶのでそんなことはしないっぽい)。そこまでしない僕はちょっと贅沢なのかもしれない。

ここからが長かった

 二次会も終わり、代行で帰る友達に乗せてもらうことに。代行が来るまで車の中でくだらない話をして待つ。なかなか来ない。電話してみても繋がらない。雪が降ってるし代行も大変そうだと思った。しかし一時間以上経っても来ないので、痺れを切らした僕はタクシーで帰ることにした。でも待ってたほうがよかったのかもしれない。
 駅のタクシー乗り場まで歩いていくとすごい行列。タクシーも諦めて歩いて寮まで帰ることにした。部屋に泊まる友達が「こっから歩いて帰るの?寒いし危ないよ!」とか言ってたけど、新潟出身のオマエが何言ってんだって感じ。深夜2時に男二人で寮に向け出発。
 甘く見すぎたようだった。結構吹雪いててつらかった。手はかじかみ、靴も濡れて、服も真っ白になって冷たくなってきた。近いと思ってたけどあまり近くなく30分ぐらいはかかった。でも寒さで1時間は歩いたと思ってた。「だから言ったじゃん」見たいなことを言われて、本当にそのとおりだと思ったけど、ここまで来たらもう何を言っても無駄なので、早足で歯をガチガチさせながら帰った。全身真っ白になって歩いている僕ら二人はとてもおかしな奴に思われたと思う。
 結局帰ってから風呂に入って、ちょっとおしゃべりをしてたら3時半ぐらいになってしまった。すぐ寝るつもりだったのになかなか時間がかかってしまった。
 最初は行きたくないとか思ってたけど最終的にはとても楽しめた。毎年そうなんだけどね。おごってくれた友達には感謝してます。ありがとう。