町内C級ライダーです。 6/25

最近の僕のバイク感

RACERS Volume33 (SAN-EI MOOK)出版社/メーカー: 三栄書房発売日: 2015/05/23メディア: ムックこの商品を含むブログを見る最近YOUTUBEで80年代のAMAスーパーバイクを観てからネイキッドのバイクカッケーってなってる。 プラスチックとアルミで出来たバイクな…

分かりやすくカッコいいというのは何事においても大事

なんだか具合は悪いけど気分は良い?ので、帰りに本屋に寄って珍しくライディングスポーツでも立ち読みしようかしらって思ってたら、GARRRR(ガルル) 2015年 12 月号 [雑誌]出版社/メーカー: バイクブロス発売日: 2015/11/06メディア: 雑誌この商品を含むブロ…

時間の短いこと短いこと

買っている漫画の第一巻を読み返してみたらなんと2006年! 続きを楽しみに待っていたらもう10年ですよ。年取ってんな。 まあ出るの遅いんだけど。 「HUNTER×HUNTER」なんて休載ばっかで小学生ぐらいから読んでる気がするし。10年読んでますけど「それ町」楽…

いじめっ子いじめられっ子

そういや先週「聲の形」って漫画を読みました。 耳の聞こえない少女をいじめてた少年が、その少女が転校したあとにいじめられるという。それは小学生の頃の話で、現在は高校生となった少年がその少女に罪を償おうとする話。聲の形(1) (講談社コミックス)作者…

男は女に敵わないよな

「pink」って漫画を読みました。 ガマンができない(名前は忘れたナントカ)ちゃんは、好きなもののために体を売ってお金を稼ぐという話。 ホテトル嬢という死語っぽいのは、高級コールガールみたいなものかな?pink作者: 岡崎京子出版社/メーカー: マガジンハ…

本屋は僕にとって憩いの地

暇ならとりあえず本屋に行くazukiです。本屋さん大好き! 今日は「RACERS」の新刊、ロバーツJrのRGV-Γを立ち読みしてきた。Γは好きだけどちょっと買うには至らなかった。ロバーツJr、好きでも嫌いでもないしね。メガネの色白もやしっ子は本が大好きだったの…

バイクでも乗ってないとホント僕には何もない

しばらくバイクに乗ってないわけですが、第三者からするとホントつまんねー休日を過ごしてるなと思うわけですよ。他人のことはどうでもいいんですけど、例えば自分が最近の僕の生活を聞いたらつまんねー奴だと思うわけです。 というわけで、今こそやることが…

バイクで砂漠ってのはありえない

つーか車でも無理。ローソンvsレイニーvsシュワンツ―’89世界GP500三つ巴の頂上決戦 (SAN-EI MOOK)出版社/メーカー: 三栄書房発売日: 2015/01/05メディア: ムックこの商品を含むブログを見るRACERS Vol.31 (サンエイムック)出版社/メーカー: 三栄書房発売…

Front-up Perfect Master

GARRRR (ガルル) 2014年 06月号 [雑誌]出版社/メーカー: バイクブロス発売日: 2014/05/07メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る帰りにガルルを買ってきたんだけど、今月はフロントアップ特集だった。 … なんか頭悪い人みたいだな。いや頭悪いんだけど。…

オフロードでのカワサキはかっこいい!

しかし空冷4発乗りのカワサキ乗りのイメージは悪い。男カワサキ。カワサキって言うとこの痛い感じがイメージされるし、オンロードにおけるカワサキは僕にとってはありえない。 オフロードのカワサキっつったらアメリカのイメージ。 まあどーでもいいとして、…

日々妄想を加速させてく

RACERS volume 17 オートマRC。それは本田宗一郎、最後の夢 (SAN-EI MOOK)出版社/メーカー: 三栄書房発売日: 2012/09/24メディア: ムック購入: 2人 クリック: 2回この商品を含むブログ (2件) を見るバイク雑誌を買ってきた。KTMの雑誌が面白そうなので迷った…

僕も贅沢になってきたもので

今日は特に用事も無いけど休んだ。本とか服とかCDとかDVDを売ってきた。2万ぐらいになった。大満足。 ついでに査定してくれなそうな粗大ゴミっぽいのも引き取ってもらった。部屋がスッキリでいい気持ちだ。 ちょっとお金があるし本を買ってきた。 カスタム虎…

もう夏に向けて

バック駐車で柱にぶつけるという恥を晒したわけだが、雨で視界が悪いといっても無いな。ありえないよ。恥ずかしい。 まあ、あまり目立たないし直すつもりも無いけど。初めて車ぶつけたが、結構ビックリするね。思ったより音がするんだな。 そのあと、夕方ぐ…

久し振りにバイク雑誌を買った

モトクロスの雑誌などはたま〜に買っていたが、オンロード向けの雑誌は久し振りに買った。何年振りだろう?大体は立ち読みしてるけど。 それで買ったのは「ライダースクラブ」なんだけど、僕は個人的に好きな雑誌ではない。なのに何故買ったのかというと、最…

MASTERキートン

僕の数少ない漫画コレクションの中にある漫画。基本的に漫画は買いたくなくて、他人の部屋で読むものだと思ってるが、この本は昔から持っている。お気に入りだ。 だけど最近、完全版が発売されたり、続編が出るみたいなので、ちょっと何だかなぁって感じ。 …

ピアノに興味が出たのは

今日はピアノ教室でした。 愚痴としては、出来てないのに無駄に褒めてほしくないということ。 多分この本が影響してる 上の文とは全く変わるけど、ピアノ弾きたいと思ったのは「四日間の奇蹟」という本が影響してる。 将来有望だったが、強盗事件で薬指を失…

恋文の技術

恋文の技術を読み終わった。読んでない本がまだあるのに、つい買ってしまった。 書簡形式の本で、こういう本は初めてだったけど楽しかった。手紙だけで物語が分かるのは面白かった。 主人公が恋文を渡すために、いろんな人との文通をして恋文の技術を身に付…

長かった

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドを読み終えた。 はっきりいってよく分からなかった。ふーんって感じ。2人の主人公(2人っていうのはおかしいけど)に共感できるところはあまりなかった。 2つの物語で成り立っていて、共通するキーワードがある話。…

ペースを緩めない

一昨日に「有頂天家族」を読み終えた。 狸、天狗、人間の話だった。とりあえず曲者ぞろい。 何か足りないとも思ったが、面白かった。僕は結構好き。 有頂天家族 (幻冬舎文庫)作者: 森見登美彦出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/08/05メディア: 文庫購入: …

新釈 走れメロス

これって大丈夫なのと不安になった。でも原作より楽しめた。 原作とは逆に約束を守らないために走る(逃げる)という、なんともすごい話だった。原作ファンに怒られないのかな? 「俺の親友が、そう簡単に約束を守ると思うなよ」 これはかなりきた。森見さんの…

今まで逃げてきた奴らと戦う

ヒマなので奴らに立ち向かう。 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1988/10メディア: 文庫購入: 17人 クリック: 336回この商品を含むブログ (566件) を見る 世界の終りとハードボイ…

具体的にどの辺が?

何を考えているか分からないってよく言われるけど、オマエちょっと失礼だろ!何考えているか分かったら怖いよ!大体何も言わずおとなしくしてる僕にわざわざそんなことを言うなんてひどい。何か打ち合わせとか会議してるときに発言しないなら僕が悪いけど、…

読み終わり

そんなに本は読まないけれど「ラッシュライフ」を読み終わった。最近は伊坂幸太郎をよく読む。楽しい。いろいろな話が繋がるようなのが好き。 僕の本棚の関係で文庫サイズを買うことが多い。だから出てすぐ読むことは無いので、ちょっとブームには乗り遅れる…